病院の薬
  • ホーム
  • ロキソニンで歯痛を止める方法

ロキソニンで歯痛を止める方法

ロキソニンは、歯の治療を行ったあとに出される痛み止めの薬として知られており、抜歯や神経治療を行った後などに出されます。
そして歯痛を止める場合以外にも、炎症を抑えたり熱を下げる効果もあるため、さまざまな症状の解熱や痛み止めとしてもよく使用されています。
またロキソニンは、薬局でもほぼ同じ成分の入った薬を処方箋なしで購入できるため、歯医者で出されたものが足りなくなってしまった場合でも比較的簡単に手に入れることが可能です。
ただしロキソニンは、薬剤師の対面販売を必要とする第1種医薬品に分類されているため、薬剤師のいないドラッグストア(薬剤師がいる店舗もある)などでは購入できないので注意しましょう。

ロキソニンで歯痛を止める方法に関しては、まず、抜歯や神経治療後は麻酔が切れ始めたときに強い痛みや炎症が発生する場合があるため、その際に服用します。
心配な場合は、麻酔が切れる前に飲んでおくという方法をとると効果的だと言えるでしょう。
そして、その後も痛みが続く場合は再び服用するとよいでしょう。

痛みを止める効果が出てくる発現時間に関しては、個人差がありますが、多くの場合30分~60分程度で効いてくると言われています。
ですので、強い痛みを避けるには、ロキソニンの発現時間を考慮してその少し前に服用しておくというのがポイントになると言えるでしょう。
そして効果の持続時間に関しては、これも個人差がありますが、4時間程度は痛み止めの効果が持続すると言われています。

痛くなってから飲むという頓服に関しては、基本的には1回の服用につき1錠となっていますが、痛みがひどい場合は1回の服用につき2錠まで飲むことができます。
また、頓服で2錠飲んでも効果がない場合もありますが、それ以上飲んでも薬の効果は変わらないため、患部を冷やすなどして痛みを和らげるようにするとよいでしょう。

服用上の注意としては、副作用として胃腸に影響が出る場合があるため、飲む際は空腹を避けるようにすることや、2回目の服用は4時間以上開けること、そしてお酒を飲まないことが挙げられます。
他にも、15歳未満や、妊娠後期、アスピリン喘息の場合は服用しないことも服用上の注意になります。

ロキソニンの服用で副作用が出たら薬を変えるべき?

ロキソニンは、痛み止めの効果が高い薬であるため、歯痛をはじめとしたさまざまな痛みに対して日常的に使用しているという人もいるでしょう。
そしてロキソニンは、比較的安全とされる薬であり、薬局で市販薬として購入することもできるため、服用する機会も多いと言えます。
ですが副作用として、便秘などの胃腸障害が出る場合があります。

便秘等の副作用が出た場合は、まずロキソニンの使用をやめて、別の方法で痛みを軽減することを考えた方がよいと言えるでしょう。
ロキソニンは薬局でも簡単に購入できるため、つい気軽に使ってしまいがちですが、歯痛などの痛みが解消しても、胃腸などの体調がすぐれない状態になってしまうと意味がなくなってしまいます。

ロキソニンで副作用が出た場合は、まずはその服用をやめることが先決ですが、やはり歯痛などの痛みの解消も必要なため、別の薬に変更することも検討すべきでしょう。
その際は、医師に相談して自分の症状に合った痛み止めの薬を処方してもらうことが大切だと言えます。
ロキソニン以外の痛み止めの薬は市販薬としても販売されているため、わざわざ医師に相談しなくても入手することは可能です。
他の市販薬はロキソニンよりも効果が低いとされているため、十分に痛み止めの効果が得られない場合があります。
それに何よりも、その市販薬が自分に合っているかどうかが分からないまま服用するのはリスクがあると言えるでしょう。

また、ロキソニンが一番合うためどうしてもそれを使用したいという場合は、同時に胃腸障害を解消する方法をとるようにするとよいと言えます。
例えば便秘の副作用がある場合なら、水分や野菜を多く摂るなどして、副作用をカバーすることも可能でしょう。